リバウンドしないダイエット。2年かけてマイナス25kgを目指す!(前編)

なぜダイエットを始めようと思ったか

これまでの私

毎年、年が明けると、今年の抱負として、「ダイエットする!」という目標を必ず掲げていました。おそらく、30歳で体重が70kgを超えてしまって以来、ここ十数年はずっと変わらずにこの「ダイエットする!」を目標にしてきました。

それなのに、今やなんと83kg!!(2018年1月1日時点)

スポンサーリンク

ダイエットを目標に掲げてきたつもりが、なぜか1年に1kgくらいのペースで太り続けているのです。「これはどう考えてもおかしいぞ」と、「言っていることとやっていることが全く違うじゃないか」と我ながら滑稽に思えてきました。

さらに悪いことに、このような目標を立てた場合には、周囲の人に宣言するとよい、という話を聞いていたので、家族、友人、職場の同僚に「ダイエットするよ!」「ダイエットするよ!」と言ってまわっていました。

それなのに、この体たらく。

最早、私が今更ダイエットをすると宣言したところで誰も信用してくれないでしょう。

自業自得です。いつもいつも口ばかりで行動が伴わなかったので仕方ありません。私は何事に対してもスロースターターで、なかなかエンジンがかからないのです。

ダイエットするということは、自分を変えるということ。そして、「自分を変える」時には、相当のエネルギーが必要で、そのエネルギーがないと自分の気持ちにエンジンがかかりません。そして、「変わろう」と思ったその時から「変わることができた」と思えるその時まで継続してモチベーションを維持するためのエネルギーも必要です。

かつて私は、それなりに難易度の高い資格試験を目指していました。しかし、日頃の仕事が忙しいことを言い訳にして、なかなか本気にならず、集中して勉強に励むこともありませんでした。その試験を3年程勉強もろくにせず受けるだけ受けていて、全部仕事のせいにして諦めかけていたときです。そんな時に、勉強仲間から云われたのです。

「リバウンド王Kuniyoshiさんは、いつもいつも言い訳ばっかりじゃないですか!誰だって仕事忙しいんですよ!」

この仲間の一言で、私のスロースターターのエンジンに火がついてしまいました。

「ああ、この勉強仲間に私は言い訳ばかりして何もできない人間だと思われてるんだな。だったら、私は『言い訳をしない人間』になろう。そのためには来年何としても試験に合格しよう!」

その日以来、私は朝7:00に出社し、16:30には退社。17:00からは職場の近くの勉強できるスペースで勉強。休日は、朝から夜中まで勉強。という生活を送り、翌年、その資格試験に合格することができました。

ダイエットの話に戻ります。

ダイエットでも同じように、自分の気持ちに火をつけてくれる人や出来事がないとスタートも切れないし、続けられません。特に、私のようなスロースターターなら尚更です。

「この服をどうしても着たい!」とかそうゆう欲求があればいいのですが、生憎ありません。職場でも、

「リバウンド王Kuniyoshiさんはシロクマみたいで安心します。」

とか言われてしまうため、嬉しい反面、ダイエットを始めようとするエネルギーにはならないのです。

そして、年明け、今年こそダイエットをしなきゃ!と考えていたそんな私に、妻から一通のLINEが届くのです。

妻からの一通のLINEメッセージ

「これ以上太り続けるなら、離婚も辞さないぞ!」

妻がどういう気持ちでこれを言ったのかはわかりませんが、少なくともダイエットを始めようとしている私にとってはプラスのエネルギーになる言葉ですが、「離婚」という言葉は穏やかではありません。

「今からやろうと思ってたのに!」

宿題をやれといわれた小学生のような言葉を返します。

いや、でも本当にダイエットをしようと計画を練っていた矢先に言われたことなので、かなりムッときましたが、見返してやるという気持ちにはなりました。

でも、これだけでは「自分を変える」ためのエネルギーは充填されない気がしました。妻の要求は「これ以上太り続けるな」ということですが、私の目標は「ダイエットする」ことなのです。

ダイエットをしたほうがいい理由ではなくて、ダイエットをしなければならない理由がほかになかったかを考えていたところ、大事なことを忘れていたことに気づいたのです。

それは、去年の健康診断の結果でした。総合判定が初めて「D:要再検査」だったことを思い出したのです。

昨年の健康診断の結果を振り返る

そこで、昨年の健康診断の結果をきちんと振り返ることから始めました。

健康診断は、昨年の5月25日に受けたものです。そして、健康診断の結果は、6月上旬頃には貰っていましたが、「ああ、まあこんなものか。気を付けないとなぁ。」程度でスルーしていたと思います。

ですが、私も47歳。そろそろしっかり対策をとらないとまずいだろうと心のどこかでは思っていましたが、なかなか正面から向き合うチャンスがありませんでした。今はそのチャンスだと思ったのです。

健康診断結果報告書のコメント欄を見直します。

  • 体重が多く、腹囲が基準値を超えています。生活習慣を改善して、減らすよう心掛けましょう。
  • 脂質異常が認められます。適度な運動や食生活に注意をして、経過を観察しましょう。
  • 尿酸値が高値です。脂肪色を控えるなど食生活を改善して、再検査をお受けください。
  • 脂肪肝が認められます。経過を観察しましょう。

コメントが優しいです。優しすぎます。これまでコメントの優しさに甘えてしまっていましたが、もっとハッキリいってくれていいです。

一般社団法人日本肥満症予防協会のコラムを見てわかりました。

結局のところ、私は、肥満症、脂質異常症(高LDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症)、高尿酸血症、脂肪肝という疾患を患っていたのです。

これらの症状は、今のところどれも痛みを伴っていないので、昨年の健康診断以来すっかり忘れていましたが、これらを放置しておくと恐ろしいことになります。今更ながら焦ってきました。

今ならまだ間に合うかもしれない。幸いにも、これらはダイエットをすることで改善されるとのこと。

これが私がダイエットをしようと思ったきっかけです。

もっと早く気づくべきだった、健康診断結果が出たときにすぐに何らかの対応をすべきだったと今更ながら後悔していますが、これから頑張ります。頑張り過ぎずに頑張ります。

(後編に続く)

スポンサーリンク

“リバウンドしないダイエット。2年かけてマイナス25kgを目指す!(前編)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA